RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家による日本乗っ取りが進む】コロナ禍の貧困化によりローン返済や家賃の支払いができなくなり、家を手放す人が急増

コロナ禍の影響で、給与の激減などを理由に、住宅ローンの返済に行き詰まる人が8万人を超えたことが明らかになりました。

予想もしていなかったコロナ禍のせいで給与が半減し、ローン返済を滞納するしかない状況になったため、やむを得ず家を手放すケースが増加しており、売却に関する相談件数も増加しているそうです。

また、日本各地でも生活困窮者が増加しており、「家賃の支払いができない」と言った相談が急増しています。

沖縄の「那覇市就職・生活支援パーソナルサポートセンター」は、2020年度に寄せられた新規相談件数が、コロナの影響で19年度の1035件から約8倍の7988件に増えたと発表しています。

市の担当課によると「家賃が払えない」「就労機会が減り収入が減った」「離職した」などとして、生活保護や住居確保給付金、就労などについての相談があったといいます。

このように、家賃も支払えない困窮状態になれば、日本中の家屋や土地が売りに出され、李家による乗っ取りもさらに加速していくに違いありません。

実際、もう既に九州と同じくらいの面積の土地が「持ち主不明」で日本中に点在しており、来年にはそれらの土地の転用を従来よりも容易にする法改正が行われます。

○李家に切り売りされる日本列島 九州と同じ面積が既に外国資本に買収されている

コロナ茶番を主導する李家や創価学会は、今のうちに国民を困窮させて、家や土地をどんどん手放すよう仕向け、一気に安く買い叩くつもりなのでしょう。

このようにコロナ茶番が続く限り、上級国民だけが肥え太り、庶民は貧困の一途を辿るしかありません。

一人一人がコロナ茶番を終わらせるために情報拡散し、行動することが重要だと言えます。

○日本人モドキの河野太郎と高市早苗「ロックダウン」の必要性を訴え、日本経済を破綻させ、中国人=李家による日本乗っ取り加速へ

○政府が海外企業による日本乗っ取りを促進 外国人幹部を2030年までに20万人にするとの目標を定める

○【李氏朝鮮の復活】李家による合法的な土地の乗っ取りを可能とする「土地規制法」が衆参両院で可決

○創価企業ゴールドマン・サックスが日本乗っ取りに本腰 不動産投資を2500億円規模に拡大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment