RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【国民がワクチン接種を続々と拒絶】職場接種会場のキャンセル1000件超に

コロナワクチンの職場接種について、実施を取り止める自治体や企業が相次いでいることが明らかになりました。

政府の発表によると、当初、ワクチン接種を予定していた会場のキャンセルが1000件を超えているとのことで、モデルナ製ワクチンの供給遅れをキャンセル増加の主な原因としています。

しかし実際のところは、現役世代の多くがワクチンの危険性を知り、接種を拒否しているため、職場接種を中止するしかない状況に陥っているだけでしょう。

また、企業としても、社員がワクチンの副作用によって病気になったり、死んでしまっては困るため、モデルナワクチンの異物混入事件を機に、積極的にキャンセルしているものと考えられます。

○【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

いずれにせよ、1000件も職場接種のキャンセルが出ているということは、それだけ接種を希望する人が急減しているという確たる証拠です。

政府やマスコミはエキストラを雇い、接種希望者が大勢いるかのようにつまらない情報操作をしていますが、国民もそれほどバカではありませんので、そろそろ彼らの垂れ流すフェイクニュースに気付きはじめているに違いありません。

このままワクチンによる人口削減計画が、完全に頓挫することを心から祈るばかりです。

○【渋谷】ワクチン接種会場の行列はエキストラだった!! 接種会場に並び接種を受けるフリをするバイトを募集

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment