RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

, …

厚生労働省は28日、コロナワクチン接種後に死亡した30歳と38歳の男性が、異物混入のあった製品と同時期に製造されたモデルナ製ワクチンを接種していたと発表しました。

2人に使用されたワクチンのロットナンバーは、いずれも「3004734」で、異物が複数見つかった「3004667」と同じスペインの工場で製造されており、26日に使用中止が決定されたものでした。

38歳の男性は、15日に2回目の接種を受けた後に発熱し、17日に解熱したそうですが、18日に自宅で死亡しました。

また30歳の男性は、22日に2回目の接種を受け、翌日に発熱し、回復して仕事をしていたにもかかわらず、25日朝に死亡しました。

男性は2人とも基礎疾患はなく、健康な状態だったとのことですが、2回目の接種を受けた数日後に死亡しています。

今回の死亡事例について、厚労省はやはりワクチン接種と死亡との因果関係を否定し、現在は調査中としています。

このように厚労省は、依然としてワクチンの危険性を認めようとしないわけですが、その一方で今回の報道により、「ワクチンは安全」だと洗脳されていた人たちも、少しずつその危険性に気付きはじめているようです。

Yahoo!ニュースのコメント欄においても、ワクチンの危険性について指摘する声が数多く上がっています。

○モデルナ製接種の2人死亡 見合わせ対象のワクチン使用 新型コロナ

異物と見なされている金属は、もともとワクチンに含有された酸化グラフェンである可能性が高いことが分かっていますが、目視できるほどの酸化グラフェンが含まれていたということは、他のロットのワクチンよりも死亡するリスクが高いことは間違いありません。

○【酸化グラフェンの疑い】モデルナ製コロナワクチンに異物混入、約160万回分の接種を見合わせ 

○【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

このように、ようやくワクチンの危険性が公に知られつつあるわけですが、これを機に多くの人々が「ワクチン安全神話」の洗脳から解かれていくことを心から願うばかりです。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment