RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナワクチンは無意味】東京都港区でワクチン接種後に131人が感染

, …

東京都港区のみなと保健所(所在地・東京都港区三田)は、6月16~7月21日に感染の届け出があった1478人のうち、131人がコロナワクチン接種後に感染したことを明らかにし、「接種後も、マスクの着用や消毒などの感染予防を続けてほしい」と注意を呼びかけました。

接種後に感染した131人のうち、111人が1回目の接種を終え、20人が2回目の接種を終えていたとのことです。

このようにコロナワクチンを接種したにもかかわらず、コロナに感染したという事例が多発しており、ワクチンに全く予防効果が全くないことが既に証明されています。

○【アメリカ】コロナ感染者の74%がワクチン接種者との調査結果

○【コロナワクチンがコロナの症状を引き起こす】イスラエルのコロナ新規感染者の84%がコロナワクチン接種者だった!

また、コロナの症状はワクチンに含まれる「酸化グラフェン」によって引き起こされることが判明していますが、港区での接種者の感染症状も、酸化グラフェンによって発症したものだと考えて間違いありません。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

政府としては、2回ワクチン接種を受けてもコロナに感染すると発表することで、3回目の接種も必要だと世論誘導したいのでしょうが、今回のような報道が今後も続くようであれば、かえって誰もがワクチン接種を拒否するようになるでしょう。

○【創価企業ファイザー】コロナワクチン接種を3回受ければ、存在しないデルタ株の抗体が増えるとのデマを発表

○確実に人口削減したいファイザーが、コロナワクチン3回目の接種を申請へ

このようにコロナワクチンを接種すると、健康被害を被るばかりか、コロナ患者にでっち上げられ、最悪、死に至る危険性すらありますので、絶対にワクチンを接種するようなことがあってはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment