RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【追い詰められる創価信者・飯塚幸三】検察は禁錮7年を求刑、判決は9月2日

2019年4月、東京池袋で飯塚幸三が車を暴走させ、松永真菜さんと娘の莉子ちゃんを死亡させた事故の公判が15日、東京地裁で開かれました。

検察側は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われている「飯塚幸三」に対し、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いが事故の原因だと指摘した上で、「現実から目をそらし、心からの反省を拒絶している」と述べ、過失運転致死傷の罪では最も長い禁錮7年を求刑しました。

7年の求刑は、同じような過失を問われた事故として最も重い部類に入るとのことですが、夫の拓也さんは「亡くなった2人の命を思えば7年では足りない」と検察側に感謝しつつも、悔しさをにじませました。

過失運転致死傷の場合、本来であれば懲役刑が求刑されることが大半ですが、今回、禁固刑が求刑されたのは、体を動かす刑務作業のない禁固刑の方が、高齢である飯塚幸三を収監させられる可能性が高いとの検察側の判断があったからと見られています。

また、「何もしないというのは人間にとってつらいものです。日中は正座やあぐらなど、ずっと座っていないといけない。横になったら刑務官に受刑者ナンバーで怒鳴られますから、〝上級国民〟にとってはものすごい屈辱です。することがないということは人間にとって苦痛です。だから、自ら刑務作業を求めて請願作業をするケースは多いです」と専門家は語っています。

飯塚幸三は、最後まで無罪を主張しつづけましたが、彼は事故の被害者たちを一切救護しなかったため、救護義務にも違反しています。

つまり飯塚幸三は、2人も轢き殺し、9人に重軽傷を負わせたにもかかわらず、誰も助けようとせず、見殺しにしたということです。

それでいながら無罪を主張する神経は、もはや異常としか言いようがなく、サイコパスと何の変わりもありません。

創価信者には精神疾患が多いと言われていますが、飯塚幸三もその類を出るものではありません。

判決は9月2日に下りますが、飯塚幸三に厳正な裁きが下ることを心から願うばかりです。

○【創価信者かつ上級国民】飯塚幸三が未だに悪びれることもなく裁判で無罪を主張

○【上級国民】池袋暴走事件からちょうど2年 飯塚幸三は未だ無罪を主張

○【天皇家の血筋】 経団連・中西宏明会長辞任へ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment