RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【天皇家の血筋】 経団連・中西宏明会長辞任へ

経団連の中西宏明会長が、6月1日の通常総会をもって辞任することが明らかになりました。

中西会長は昨年7月からリンパ腫の再発の治療のために入院していましたが、退院時期が見通せないことから、本人から退任の申し出があったとのことです。

中西会長の後任には、住友化学の十倉雅和会長がすでに内定しています。

経団連は創価学会とズブズブの組織ですが、中西宏明も創価信者の飯塚幸三に似ていることが指摘されています。

○「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり

飯塚幸三は、池袋暴走事故で母子を殺害しながらも、逮捕されることなくのうのうと生き長らえていますが、飯塚は明仁上皇の弟・常陸宮正仁にそっくりであることが判明しています。

年齢から考えても明仁上皇の兄の可能性が非常に高く、飯塚は天皇家の血筋を引く“超”上級国民として国家から特別な待遇を受けています。

その飯塚幸三とそっくりということは、中西宏明もまた天皇家の血を引いているということでしょう。

そもそも、それぐらいの血筋でなければ、経団連の会長にはなれません。

中西宏明は昨年7月からのリンパ腫の治療に『抗がん剤』を用いて治療を続けてきた、と報道されていました。

○経団連の中西宏明会長が退任へ リンパ腫が再々発の疑い

抗がん剤はマスタードガスという猛毒でできた薬品であり、治療ではなく人を殺す目的で作られた毒薬です。

そして、癌利権にあやかる者たちが、これまで数多くの人々を抗がん剤を使って殺害してきたことが分かっています。

○癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

ということは、中西宏明も何らかの抗争の末、敵対勢力から消されかかっているのかも知れません。

現在、イルミナティの内部争いが熾烈を極めていますが、彼らは確実に一人、また一人と滅びの道に向かっています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment