RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

ヴァージン諸島に浮かぶエプスタイン島(リトル・セント・ジェームズ島)で、世界のVIPたちが少女買春や残酷な生贄儀式を行なっていたことが明らかになり、世界的な問題となっていますが、日本の瀬戸内海に浮かぶ「豊島」でも、同じように少女買春や生贄儀式が行われているのではないかとの噂が広まっています。

○エプスタイン島での少女売春及び人身売買に関与した日本人のリスト流出 明仁上皇の名も

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

俳優の三浦春馬も、「豊島」での少女買春や小児性愛者の実態を暴露しようとして殺された可能性が高いと、過去の記事で述べました。

○【殺害事件から1年】三浦春馬を暗殺した黒幕は「竹中平蔵」である可能性大

そして、このことを裏付けるかのように、Googleマップで「エプスタイン島」と検索すると、なんと「豊島」が出てくることが判明しました。

Googleは、「豊島」が日本版のエプスタイン島であることを知っていて、その手の関係者に分かるように意図的にグーグル検索でヒットするように仕組んでいる可能性があります。

実際にGoogleは、エプスタイン島の画像の一部を、別の画像に差し替えて情報隠蔽していたことが明らかになっていますし、エプスタイン人脈のキーマンだった「ジョン・ブロックマン」のオンラインサロン「エッジ」には、Google創業者のラリー・ペイジやサーゲイ・ブリンなどが名を連ねています。

○性犯罪者と“富豪慈善家”、エプスタイン被告の巨額寄付が巻き起こす波紋

下の画像の左側が、Googleマップで表示されていたエプスタイン島の一部で、テニスコートがあるように見えますが、Appleマップで同じ場所を見ると、十字が描かれた広場になっています。

このようにGoogleは、明らかにエプスタイン島に関する情報を隠蔽しているのです。

「豊島」の周辺には、いくつもの小さな島々があり、そこでは数々の芸術作品が展示された「ART SETOUCHI」というプロジェクトが行われています。

その中に、三浦春馬の暗殺の原因となったと言われるベネッセの「アートサイト直島」も組み込まれており、一体化しています。

この「ART SETOUCHI」に協賛している企業は膨大で、ベネッセやアミューズ、鹿島、三井不動産など、イルミナティの中核企業がいくつも名を連ねています。

○「ART SETOUCHI」協賛

しかも、「豊島」にはなぜか俳優の「キアヌ・リーブス」がわざわざ訪れていたこともあり、やはり世界のVIPたちが集う悪魔崇拝の地である可能性が高いと言えます。

このように、「豊島」もその周辺の島も悪魔崇拝の地としか考えられないわけですが、実はGoogleマップで「エプスタイン島」と入力してヒットする場所が、他にも多数あります。

見ての通り、「豊島」以外の瀬戸内海の島々や、「パソナ島」と化している淡路島、徳島大学や、群馬人脈が作ったディズニーランドまでもが、なぜかヒットするようになっています。

ディズニーは、かねてから幼児誘拐や性犯罪の温床となっていることが明らかになっていますので、これも単なる偶然とは思えません。

○コロナで「ディズニーストア」が次々閉店 ディズニーランドは群馬人脈によって作られた!!

「三鷹の森ジブリ美術館」を発案した「宮崎駿」も、以前から少女趣味があり、酔っ払った際に「12歳の少女と恋愛してどこが悪い!」と叫んでいた、というのは有名な話です。

○少女趣味にマザコン‥歪んだ性癖をアニメで表現しつづける宮崎駿

このようにGoogleマップで「エプスタイン島」と検索してヒットする場所は、小児性愛と深い関係のある場所ばかりなのです。

つまり、「エプスタイン島」というワードは、固有名詞ではなく、イルミナティたちの中で少女買春や悪魔崇拝を行う場所を表す「暗号」として使われていると考えられるわけです。

今後、このような凶悪犯罪に関わった全ての悪人どもが摘発され、厳正な裁きを受けることを心から願うばかりです。

※以下の画像は、「ART SETOUCHI」の作品として展示置されているものです。一目見ただけでも、悪魔崇拝と深い関わりがあることがお分かりいただけるかと思います。

〇ART SETOUCHI

本島にあるアート作品「産屋から、殯屋から」
生と死を見つめ、過去からの力を未来へつなぐ場。本島でゆったりとした濃い気配を感じた作家は、死者を埋葬する場所と霊をまつる場所を分ける両墓制習俗に着目。島で感じた空気や大地のエネルギーを作品に置き換えた。

直島(ベネッセハウスがあります)にあるアート作品「赤かぼちゃ」
草間彌生の作品。草間自身「太陽の『赤い光』を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった」と語る。

直島にあるアート作品「家プロジェクト はいしゃ」
感覚からたどる夢の記憶の過程がテーマ かつての歯科医院兼住居を作品化。ペインティングやスクラップなど、多様なスタイルによる作品。

豊島にあるアート作品「豊島横尾館」
屋外では石庭や池、円筒状の塔も見られる。古民家を改修し「母屋」「倉」「納屋」で構成。屋内に11作品を展示。こちらは、三浦春馬が生前指し示していた場所だと言われています。

豊島にあるアート作品「トムナフーリ」
スーパーカミオカンデとコンピュータで接続 生と死を象徴する立体は超新星爆発(星の死)が起こると光を放つ。

豊島にあるアート作品「あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)」
円形スクリーンで鑑賞者を幸福感で包む 蔵にチューリップや風景などカラフルな映像を投影する空間展示。

豊島にあるアート作品「ストームハウス」
おびただしい稲光や雷鳴が古い家屋に響く 嵐が来て、過ぎ去るまでの約10分間の稲光や雷鳴が体験できる。

豊島にあるアート作品「心臓音のアーカイブ」
心臓の鼓動に合わせ電球が明滅 世界中の人の心臓音を収蔵し、公開。自分の心臓音の録音もできる。

高見島にあるアート作品「うつりかわりの家」
島の静かな時間を感じさせる小さな光 古家の屋根や壁に直径1cmほどの小さな穴を膨大に開けたインスタレーション。等間隔に規則正しく開けた穴から、時間や天気、季節によって変化する自然の光が入り、室内を優しく照らし出す。

女木島にあるアート作品「オニノコ瓦プロジェクト2」
鬼が暮らした洞窟で膨大な鬼瓦を見せる 県内の中学生が制作、展示した鬼瓦の作品に手を加え展示替え。

小豆島にあるアート作品「猪鹿垣の島」
様々なかたちに石を組み小豆島特有の文化を再現 2013年の芸術祭で約200年前に築かれたとされる小豆島特有の猪鹿垣を復興。そして2016年にピラミッド型の石積みも加わった。小豆島の固有文化を再現する試みだ。

小豆島にあるアート作品「境界線の庭」
参道を基本テーマにオブジェや舞台を設置 前回の作品をさらに展開させ、山と海のあいだの土地に様々な造形の石彫作品群を配置。人々が集い、作品を身体で体験できる場の創出を目指す。

小豆島にあるアート作品「アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社」(ビートたけし×ヤノベケンジ)
高さ8メートルの彫刻が井戸に出現 井戸に登場する巨大な彫刻。古井戸の底に潜む地霊的化け物が、人々を脅かすという寓話的な設定だ。

(普通の庶民は、先ず好き好んでこんなものを見に行かないでしょう。もし見に行くとしたら‥)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment