RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

少女趣味にマザコン‥歪んだ性癖をアニメで表現しつづける宮崎駿

スタジオジブリのアニメは、日本人なら誰でも一度は見たことがあるというほど、今や国民的アニメとして親しまれています。

しかし、ジブリのアニメにはさまざまな箇所で悪魔的なモチーフが描かれており、子供たちに悪影響を及ぼすのではないかと指摘されています。

宮崎駿が、「12歳の少女と恋愛してどこが悪い!」と叫んでいたことが、押井守によって暴露されてからというもの、宮崎駿=ロリコンというイメージが定着しました。

○宮崎駿監督がロリコンすぎる!「12歳と恋愛してどこが悪い」と絶叫

しかも、宮崎駿はロリコンというだけでなく、母親にも強い執着心を持っているようです。

宮崎駿の性癖がそのままジブリアニメに表現されているようですが、作品の内容がおかしくなっていったのが、ディズニーと提携してからだと言われています。

○千と千尋に隠されたサタンの秘密

ディズニーと提携して以降の作品は、もののけ姫や千と千尋の神隠しなどです。

千と千尋の神隠しは、遊郭で働く幼い少女が主人公です。

この時点で、子供が見るにふさわしい作品だとはとても思えません。

また、作品中に「サタン」という文字や、「人肉食」を連想させるお店が描かれたりと、全体的に不気味で虚しい印象を受けます。

スタジオジブリもティズニーも創価企業で、ジブリの取締役「星野康二」は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の初代代表取締役歴任しており、熱心な創価信者であることで有名です。

アニメ界でジブリとディズニーが不動の人気を誇っているのは、創価学会の力によるものなのです。

その創価学会は、幼児誘拐にも関与していることが長年疑われています。

○RAPTブログ 急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

ジブリのアニメには、トトロのように幼児誘拐を連想させるような作品もありますし、見方によっては子供に悪影響を及ぼしかねません。

人々に悪影響を及ぼすものを提供している企業は、必ずどこかで創価学会と繋がっていて、ジブリやディズニーはその一片に過ぎません。

なんとなく目にしたものの中に、私たちを洗脳するような情報がたくさん含まれていることがありますので、私たちはRAPT理論を通して、注意深く彼らの作品を見極めていく必要があります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)