RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

山中伸弥の無責任発言が原因か? マスクをつけて持久走をした小5男児が死亡

大阪府高槻市の小学校で2月、マスクを着用して体育の授業を受けていた小学5年生の男子児童が死亡していたことが明らかになりました。

市の教育委員会によると、2月18日午前、男児が体育の授業中に「5分間走」を行った際、終了間際に倒れて救急搬送され、同日午後に搬送先の病院で死亡したとのことです。

男児が運ばれる際、あごにマスクがかかっていたことから、体育の授業中にもマスクを着用していた可能性が高いと見られていますが、教育委は「死因は特定できておらず、死亡とマスクとの因果関係は判断できなかった」と発表しました。

しかし、他に考えられる原因がないのであれば、この教育委の発言は単なる責任逃れにしか聞こえません。

この学校では、体育のときにマスクを着用するかどうかを、生徒の自己判断で決めてもよいと取り決めていたようですが、小学生にまともな判断ができるはずもなく、教師たちがいかにいい加減な教育をしていたかが浮き彫りになったと言えます。

過去にも、マスクを着用したまま運動したことで、死亡した事例が多発していますが、このように運動中もマスクを着用するように最初に国民に大きく呼びかけたのは、他でもない御用学者の「山中伸弥」です。

○中国で中学生突然死相次ぐ…マスク着用で体育授業の注意点は

https://twitter.com/muhimuhi20/status/1291624223073501186?s=21

今回、死亡した男児も、この山中伸弥の発言を聞いて、真に受けていたのかも知れません。

そして、山中のこの無責任な発言によって、今でも多くの人たちが命の危険に晒されています。

○【凶悪犯】創価信者の山中伸弥、全国民皆殺しのためワクチン接種を促進

そもそも、マスクは最初から感染を防ぐ作りになっていないため、着用していても全く意味がありません。

これから夏に向けて、気温も湿度もどんどん高くなっていきますので、マスク着用のせいで体調不良を起こす人が続出する可能性があります。

周囲の目を気にするよりも、まず一番に自分の体調を考えて、マスクを外して過ごすよう心がけなければなりません。

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment