RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

李家と創価学会の重要拠点・群馬県で、独自のワクチンパスポートを10月から導入 コロナ脳はさらなるどん底へ

群馬県は13日、コロナの感染防止と経済活性化の両立を図るため、10月から独自のワクチン接種証明(ワクチンパスポート)を活用した県内旅行や飲食の需要喚起策を発表しました。

山本知事は臨時記者会見で「全国トップクラスのスピードで、県民の皆さんに対するワクチン接種が進んでおります。ワクチンパスを活用して、社会活動の再開に向けて需要喚起策を全国に先駆けて実施したい」などと述べ、コロナ茶番を主導する李家や創価学会へ猛アピールしました。

また、ワクチンパスポート発行に伴い、停止していた県民対象の県内宿泊費や日帰り旅行代金の5000円割引キャンペーンを再開し、飲食店支援の「Go To イート」食事券についても、優待率を独自に上乗せして再販売するとしています。

現在、ワクチンパスポート導入反対の声がどんどん大きくなっているにもかかわらず、群馬県では世論に逆行するような県政を行っており、全く民意を汲み取っていないことがよく分かります。

○分科会・尾身会長のインスタグラム公式アカウントからサクラが消え、批判コメントばかりの惨状に 誰もコロナを信じていないことがバレてしまう

○【尾身会長も群馬人脈】「この2か月がまさに山場だ」と過剰なコロナ対策で民業圧迫、庶民の夏休みを奪う

もっとも、群馬県は創価学会や李家の最重要拠点ですので、その分「コロナは恐ろしい」と洗脳されている人も多く、ワクチン接種している人も非常に多いのが現状です。

○群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

○【コロナ脳】李家・創価学会の最重要拠点の群馬県で「群馬にコロナを持ち込むな・ネット上にナンバー晒す」などと他県ナンバー車に脅しの張り紙

そしてワクチンパスポートまで導入されれば、県民たちはますます「コロナは嘘」「ワクチンは危険」と考える余裕もなくなり、今以上に洗脳は深まっていくことでしょう。

このように群馬県で「コロナは嘘」だという真実が広まらず、ワクチンの接種率も全国でダントツに高いのも、創価学会や李家に与してきたことに対する神様からの裁きなのかも知れません。

どのような形であれ、創価学会と李家、そして彼らに与する悪人たちに厳正な裁きが下されることを心から祈ります。

○【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

○【尾身会長も群馬人脈】「この2か月がまさに山場だ」と過剰なコロナ対策で民業圧迫、庶民の夏休みを奪う

○群馬人脈こそ麻薬売買の元締め 日本の麻薬売買の拠点は群馬県だった!!

○群馬県でコロナワクチン接種者が次々とコロナに感染

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment