RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

日本人モドキの河野太郎と高市早苗「ロックダウン」の必要性を訴え、日本経済を破綻させ、中国人=李家による日本乗っ取り加速へ

河野太郎規制改革担当相は10日に放送されたフジテレビ番組で、コロナ対策に関し「ロックダウン(都市封鎖)まで含めた権限を政府に与えてほしいという議論はしていく必要がある」と述べ、さらに国民を苦しめようとする考えを示しました。

また現在、河野太郎とともに自民党総裁選に出馬している高市早苗も、「ロックダウンを可能にする法整備の検討に早急に取り組まなければならない」などと述べており、今後、国会で法改正に向けた動きが活発化するものと見られます。

○高市氏、ロックダウン可能にする法整備検討

しかし、ロックダウンが実施されれば日本経済のさらなる後退により、日本企業の倒産や貧困化による自殺者の増加は免れられません。

こうして河野太郎と高市早苗が口を揃えてロックダウンの重要性を訴えるのは、彼らがどちらも日本人になりすまして「日本乗っ取り」を計画している中国人=李家だからに他なりません。

○【やはり自民党総裁選は中国人のお祭りだった】高市早苗も中国マフィア青幇のドン「杜月笙」の子孫である可能性大!!

○中国マフィアの子孫・高市早苗に、天理教へのお供え金で公職選挙法違反の可能性浮上 ネオナチ団体やパソナとの怪しい関係、創価学会ともズブズブ‥次々と暴かれる“素顔”

○【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

○河野太郎はやはり中国人=李家!! 従軍慰安婦問題をめぐる「河野談話」を容認し日本を貶め、靖国神社参拝反対で批判殺到

ロックダウンを実施することで、破綻寸前となった企業や手放された不動産を、李家や創価企業が安く買い叩けるようにするつもりなのでしょう。

このように次期総裁候補たちは“超”危険人物ばかりですので、つづけて李家・創価学会、そして売国政治家たちが一人残らず滅び去るよう、強力にお祈りしなければなりません。

○【自民党総裁選は中国人のお祭り】夫が元暴力団員の「野田聖子」は、習近平国家主席の隠し子である可能性大

○【売国】総裁選出馬予定の高市早苗は、竹中平蔵=李家の犬 パソナの派遣社員を雇用し、パソナを大絶賛

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment