RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【単なるアリバイ作り】国会でも7月からコロナワクチンの集団接種実施へ

与野党は10日、衆院議院運営委員会理事会において、コロナワクチンの集団接種を国会内でも実施することで合意したと明らかにしました。

対象は衆院議員、議員秘書、衆院職員、政党職員らとする方向で、7月中の開始を目指し、参院も実施を検討中とのことです。

これまで政治家たちはワクチン接種を頑なに拒みつづけてきましたが、このままではさすがに国民から不審がられ、ワクチンの危険性をますます疑われそうなので、ひとまず表向き、接種するという取り決めにしたわけでしょう。

○【政治家はワクチンが危険だと知っている】コロナワクチン、国会議員優先接種の見送りを決定

しかし、議員への接種開始時期は7月からとしていますから、今のうちにワクチンが危険だというニュースを大量に流しておいて、7月に入る頃には国全体の接種を一時的にストップさせ、接種を免れようという寸法かも知れません。

実際、最近になってワクチンの副作用に関するニュースが続々と報道されていますし、これ以上ワクチン接種によって重篤な副作用を発症するケースが増えてしまうと、「ワクチンによる人口削減」という話が単なる“陰謀論”ではないとバレてしまいます。

そのため、この辺でそろそろ接種はやめようという方向に世論を誘導していくつもりかも知れません。

いずれにせよ、今さら政治家がワクチン接種を受けたと言ったところで、どうせ本当は打っていないだろうと国民から指摘されるのがオチですし、そもそも今となってはもう既にワクチンに対する不信感を拭うことは不可能ですから、政府の悪あがきも全て無駄に終わることは間違いありません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

【韓国】90歳女性、ファイザー製ワクチン接種2時間後に死亡

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment