RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池田大作の血縁】ポスト菅を密かに狙う石破茂 カルト日本基督教団と創価学会とズブズブ

ここ最近、自民党における「政治とカネ」の問題や、ポスト菅をめぐる報道について、「石破茂」元幹事長が批判的な意見を述べていますが、彼もまた創価学会や群馬人脈とズブズブの関係であることが明らかになりました。

石破茂の一族は、曽祖父から4代にわたりクリスチャンで、彼自身も18歳のときに、母親が通っていた「日本基督教団・鳥取教会」で洗礼を受けたそうです。

しかし日本基督教団は、創価学会や大本教と表裏一体の関係で、ともに結託し集団ストーカーをして、自分たちの利益を損ねる人物や企業をことごとく叩き潰してきたカルト教団です。

しかも、他のキリスト教の教会に工作員を送り込み、その内部に敬虔な信者の振りをして侵入させ、内側から乗っ取るという卑劣な犯罪行為を生業にしてきました。

○「日本基督教団」は大本教と創価学会によって設立された、キリスト教を破壊する工作員養成所!!

〇キリスト教プロテスタントも悪魔崇拝者に乗っ取られている可能性大です。「日本基督教団」は在日・反日勢力と同一体でした。

○中田敦彦と日本基督教団は、一つに繋がっている!!

○堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

また、「石破茂」は、池田大作とそっくりで、血縁関係にある可能性が高いことが明らかになっています。

さらに「石破茂」は、創価工作員の養成所である慶應(慶應高校・大学)出身です。

卒業後は、建設官僚だった父親が、土井正三郎(三井信託銀行社長)に口利きし、コネで三井銀行に入行しています。

つまり、石破家も「群馬人脈」とズブズブだということです。

○Wikipedia-石破茂

その後、石破茂の父親が死亡したため、父の友人だった「田中角栄」から政界入りを薦められ、三井銀行を退職し、政治家となりました。

今でも石破茂は、「田中角栄先生には本当にお世話になった」と話題に持ち出すほど尊敬しているそうですが、その田中角栄は池田大作と大の親友だったとも言われています。

さらに石破茂は、実業家を自称する詐欺師「竹花貴樹」のYouTubeチャンネルにも出演し、対談したことがあります。

ですから、石破茂も竹花貴樹の詐欺ビジネスに加担していたと言えます。

○竹花貴騎氏は詐欺師!?経歴詐称・学歴詐称と詐欺罪・違法性についての弁護士解

竹花貴樹が多くの登録者数を得ることができたのも、結局は創価学会の力によってYouTubeで盛り上げてもらっていたからに他なりません。

今後、「ポスト菅」の話題が出るたびに、石破が注目されることが多々あるかもしれませんが、彼も創価学会の手先ですから、菅や安倍よりマシだと騙されることのないように十分に気を付けなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)