RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【裁かれる上級国民】出口王仁三郎の子孫・ヒカキンが5年ほど毎日悪夢を見てきたと告白

人気ユーチューバーのヒカキンがYouTubeの動画の中で、5年ほど毎日悪夢を見つづけていると告白し、ツイッター上で心配する声が上がっています。

ヒカキンは、チャンネル登録者数1000万人達成の記念にもらった「ダイヤモンド再生ボタン」の盾を枕にして、よい夢を見ようとするのですが、結果、海の上で漂流して、誰も助けに来てくれなかったという悪夢を見てしまったようです。

また、寝る前に「よい夢見れたら奇跡」と話していることから、本当に悪夢に苦しんでいる様子が伺えます。

ヒカキンの若い頃の容姿は、大本教の出口王仁三郎のそれとそっくりで、彼の所属するUUUMも大本教や創価学会の関係者によって運営されていることが明らかになっています。

つまり、彼の人気は大本教や創価学会のバックアップのおかげで成り立ってきたということです。

ヒカキンは、善人を装いながらコロナ茶番を盛り上げる役割を担い、国民の恐怖心を煽ってきたわけですが、その一方でワクチンの危険性を知っているかのようにも取れる発言をしており、あれだけコロナを煽りながらも、実はワクチンを接種していないのではないかとの憶測が広まっています。

これまでSNS上では、ヒカキンを大絶賛する声ばかりでしたが、「反ワクチン」を仄かす発言をしたことで、「ワクチン強要派」からの批判の声が徐々に増えてきているようです。

また、ヒカキンが悪夢を見はじめた時期が、RAPTブログが登場した時期と近いことから、見えないところで神様の裁きが進行していたことは確かな事実でしょう。

現在、RAPT理論によって正体を暴かれた悪人どもは、ことごとく神様から裁かれ、衰退の一途を辿っていますが、今後もさらに上級国民たちが厳しく裁かれ、一人残らず滅び去ることを心から祈ります。

○【本人は既に死亡か?】「コロナはまがりなりにも収束した」と発言して批判を浴びた麻生太郎、実はゴムマスクを被った影武者だったことが発覚

○【菅首相も死亡した可能性大】辞任表明後に病院で受診 安倍晋三が辞任・死亡したときの状況と酷似

○【李家のオワコン芸人】日本中から嫌われた嘘つきYouTuberこと「中田敦彦」、自身が感じるイライラに誰も共感してくれず、むしろ批判殺到

○堀江貴文の新球団設立が頓挫の危機 新庄剛志に監督オファーするも拒否され、地元関係者からも猛反発

○李家のひろゆきが、存在しない放射能を危険だと洗脳するため、「農産物は福島の名前で売るのやめた方がいい」などと発言し批判殺到

○【李家=群馬人脈の終焉】「ホームレスは死んだほうがいい」と発言したメンタリストDaiGoが、YouTubeを再開するも、既に国民から見放されていることが浮き彫りに

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment