RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

中日ドラゴンズの平田良介外野手が7月4日から体調を崩し、名古屋市内の病院で検査を受けたところ、「異型狭心症」と診断されたことが明らかになりました。

平田選手は、自身のインスタグラムで詳細な様子を投稿し、7月4日の深夜に胸が締め付けられるような痛みを感じ、緊急搬送されたことを明かしています。

さらに8月3日には、運転中に頭部や左手首にしびれを感じたため、救急外来を受診し、さらにぜんそくまで発症して復帰が遅れたと説明しています。

中日では、6月末にコロナワクチンの職域接種が実施されていることから、ワクチンの副反応ではないかとの憶測が広がっています。

中日では既に、木下雄介投手がワクチン接種後に倒れ、危篤状態となった後、死亡しています。

また谷元圭介投手も、現在は復帰しているものの、ワクチン接種後に突如、試合を降板し、長期間姿を表しませんでした。

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

○中日ドラゴンズ谷元圭介選手が7月に体調不良で交代後、一度も登板なし‥死亡した木下選手と同じくワクチン接種が原因か

○プロスポーツ選手のコロナ対策専門家・三鴨広繁が3回目接種を推進 中日の職域接種説明会を担当し、選手をワクチンで次々と殺害

https://twitter.com/jun10005672/status/1445226797440724994?s=21

同時期に同じチームの健康な選手が2人も心臓を患うなど、通常では考えられないため、ワクチンの副反応であることは疑いようもない事実だと言えます。

このようにコロナワクチンは人々の健康を破壊し、夢や希望すらも奪い取る猛毒に他なりませんので、絶対に接種してはいけません。

○コロナワクチン接種の副反応で小学6年生の女児が死亡 学校側は「不慮の事故」として真実を隠蔽

○カナダやアメリカの看護師らが暴露「病院はコロナ感染者ではなく、ワクチンの副反応に苦しむ人たちで溢れている」

○元ナチスの毒ガス工場だったモデルナ社の異物混入ワクチンで重い副反応 重金属(酸化グラフェン)による神経障害の疑い

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment