RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

元ナチスの毒ガス工場だったモデルナ社の異物混入ワクチンで重い副反応 重金属(酸化グラフェン)による神経障害の疑い

, …

モデルナ製コロナワクチンの異物混入問題を受け、現在、次々と異物混入ワクチンが確認されており、健康被害の拡大を懸念する声が上がっています。

○【酸化グラフェンの疑い】モデルナ製コロナワクチンに異物混入、約160万回分の接種を見合わせ 

○【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

既に、該当ロットのワクチン接種を受けた人の一部で、重い副反応が確認されており、迷走神経系の異常であることから、重金属による神経障害の疑いがあると言われています。

https://twitter.com/salome8326/status/1430996001699950592?s=21

今回、確認された異物は、凝集した酸化グラフェンである可能性が高いことを先日の記事でも述べましたが、酸化グラフェンの性質上、ほんの少しの振動を加えるだけでも凝集しやすいとの事実が新たに判明しています。

このように、ワクチンに酸化グラフェンが含有されていることが思いもよらぬところから証明されたわけですが、政府やマスコミは、この異物の正体を国民に悟られまいと、未だに必死で嘘の情報を報道しつづけています。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

長崎大学病院の森内教授は、針の中を通る小さなものは、どんな物質であっても人体に全く影響がないかのように述べ、誰でもすぐに嘘だと分かる話をして庶民を騙そうとしています。

例えば、小さな微生物も注射の針の穴など容易に通るはずですが、そういった微生物がワクチン内に混入していたとしても、身体には何の影響もないと言えるのでしょうか。

このように、子供でも騙せないような稚拙な嘘で国民を騙そうとしている時点で、イルミナティの知能がどれほど低下しているかがよく分かります。

「異物混入ワクチン」を製造したモデルナ社の前身は、ナチスの毒ガスを製造した「IGファルベン」だと分かっていますが、そのような危険な企業の製品を体内に取り込むなど、まさに自殺行為だと言うしかありません。

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

もっとも、モデルナ製のワクチンだけに限らず、どの製薬会社のワクチンも同じように危険な毒物であることは間違いありませんので、どんなワクチンであれ、絶対に接種するようなことがあってはいけません。

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment