RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【情弱しか騙せない堀江貴文】コロナ自粛に反対してきたのにコロナワクチンを接種し、言動に矛盾があると指摘されるも開き直って正当化

堀江貴文が1回目のコロナワクチン接種を報告したことで一部から批判され、自身のTwitterで反論しています。

堀江は、当初からコロナ禍での過剰な自粛やマスク着用などに反対してきたにもかかわらず、早くからコロナワクチンの接種を律儀に受けたため、その行動に矛盾があるとして一部から揶揄され、軽く炎上しました。

これに対して、堀江は「一貫してワクチン接種を訴えてきましたので打つのは当然だと思いますが。。」と反論。

また、「同じく自身はインフルエンザも怖くないけど毎年打ってます。高熱出てだるいのと、年寄りとか子供に感染させると死に至ることもあるからね」と説明し、自身の行動を正当化し、開き直っています。

しかし、いくら堀江自身が自分の行動に矛盾はないと言い張ったところで、彼の行動に矛盾があることは誰の目にも明らかですので、多くの国民が「堀江の言動は信用できない」と思ったに違いありませんし、ファンからもすっかり愛想を尽かされたに違いありません。

それどころか、堀江貴文がいわゆる“向こう側”なのではないかと疑う人も、今後さらに大勢出てくることは避けられないでしょう。

もっとも、堀江貴文はその余りに独りよがりで辻褄の合わない言動から、もう既に誰からも相手にされていませんので、これからは情報弱者をターゲットにした仮想通貨や宇宙ビジネスで生き残る道しか残されていないのではないでしょうか。

○【李家かつ群馬人脈によるプロパガンダ】コロナは大したことがないから経済を回せと主張する堀江貴文が、コロナワクチンを接種して庶民に安全性をアピール

○堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment