RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【カナダ】コロナワクチン接種を受けたパイロットはフライト禁止へ 高度1.6キロで血栓症を誘発

カナダでワクチン接種を受けたパイロットの飛行禁止が決定し、21日付けで、全てのパイロットに適用されることが分かりました。

コロナワクチン接種を受けた際、高度1.6キロで血栓症状が起こるリスクが跳ね上がることが、かねてより指摘されていました。

まさにその通りのことが、実際にカナダのパイロットの間で起きたわけでしょう。

既にスペインやロシアでは、早くからワクチン接種者に対し、身の安全を考慮して、飛行機に乗らないよう警告が出されていました。

○【スペイン・ロシアの航空会社】ワクチン接種者はフライト中に血栓症になるリスクが高まるとして搭乗しないよう警告

しかし、この日本ではこうした情報は一切発表されることなく、むしろ各航空会社は次々と職域接種を実施しました。

そのため、日本においても原因不明の欠航便が相次いでおり、これら全てはパイロットや乗務員にワクチン接種をしたことが原因だと考えられます。

飛行機事故のリスクを回避するためにも、今後は交通手段として飛行機を利用しないことが賢明だと言えるでしょう。

○コロナワクチンを接種した英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズのパイロット4人が、同じ週に死亡

○【アメリカン航空】週末の3日間で400便が欠航 コロナワクチンの副作用を発症するパイロットが急増

ワクチン接種後のパイロットが運転する飛行機

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment