RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【スペイン・ロシアの航空会社】ワクチン接種者はフライト中に血栓症になるリスクが高まるとして搭乗しないよう警告

スペインとロシアの航空会社が、ワクチンを接種した人はフライト中に血栓症状が表れる危険性があるとして、飛行機に搭乗しないよう利用者に警告していることが分かりました。

https://twitter.com/cielbleumer/status/1405655421734440964?s=20

コロナワクチンを接種すると、高度1.6キロで血栓症状が起こるリスクが跳ね上がるとのことです。

現在、各国政府はワクチンパスポート制度を実施しようと計画していますが、ワクチンを接種すれば、かえって飛行機に乗って旅行や出張に行けなくなってしまう恐れがあるということです。

果たして、ここまで危険なものを接種したいと思う人がいるのでしょうか。

https://twitter.com/momoca_mel_nana/status/1403521641028591623?s=21

しかし、このようにワクチン接種による血栓症状が懸念されているにもかかわらず、創価企業のANAやJALは早くも職域接種を開始し、パイロットや客室乗務員に続々とワクチンを接種しています。

これでは、フライト中にパイロットや客室乗務員が血栓症状を起こし、フライトに支障が出る可能性が高くなりますので、安心して飛行機を利用することができなくなります。

https://twitter.com/usae0412/status/1403300829776420866?s=21

私たちはこのような事実があることをきちんと踏まえ、今後はなるべく飛行機の利用は控えた方がよいかも知れません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○イギリスでコロナワクチン接種後に失明255名

○ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露

○コロナワクチンを接種した動物は全て死亡 ワクチンの安全性と有効性は証明されていない

コメントを書く

*
*
* (公開されません)