RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池田大作の隠し子である台湾総統】日本で使用しないと決めたアストラ製ワクチンを台湾国民に接種して36名が死亡

台湾では15日、高齢者を対象にしたコロナワクチン接種を開始し、18日までの4日間で42人が死亡しました。

そのうち36人が、アストラゼネカ製のワクチンを接種して死亡したとのことです。

現在、台湾で使用されているワクチンは、日本政府から寄贈されたもので、124万回分に相当します。

しかし、このアストラ製ワクチンは、副作用などを総合的に判断した結果、日本の公的接種では使用しないと決定したものでした。

○【ドイツ】アストラゼネカ社製コロナワクチンによる脳内血栓 31症例

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

にもかかわらず、ワクチンが不足していることを理由に、日本政府が台湾に送り付けたのですから、こうして台湾で多くの死者が出たのは、日本政府の仕業だと言っても過言ではありません。

○日米が台湾にワクチン提供、中国は「政治利用」と反発

一方、台湾にワクチンを送ってほしいと日本政府に要請したのは、台湾総統の「蔡英文」でした。

当然、彼女も日本政府から送られたワクチンがどのような種類のものなのかを知らなかったはずがありません。

○台湾・蔡総統からの電話「何とか届けてもらえないでしょうか」…[政治の現場]ワクチン<10>

蔡英文」は、ジャーナリストの「江川紹子」によく似ており、その江川は「池田大作」にとてもよく似ています。

したがって、彼女たちは「池田大作」の隠し子である可能性が高いと言えます。

左:江川紹子 右:蔡英文

このように世界各地に池田の隠し子が配置され、ワクチン接種によって人口削減計画を推進しています。

これ以上、悪なる創価人脈たちの毒牙にかかって死亡する人が出てくることがないよう、私たち真実を知っている者がより一層強力に人々の救いのために切に祈り求めなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment