RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ドイツ】アストラゼネカ社製コロナワクチンによる脳内血栓 31症例

, …

ドイツでは、アストラゼネカ社のコロナワクチンによる脳内血栓症の症例が、31件も報告されています。

アストラゼネカ社のコロナワクチンは、余りにもリスクが高く危険なため、すでにヨーロッパの多くの国々で使用が中止されています。

しかも、アストラゼネカ社はリブランディングを行い、COVID-19ワクチンの名称を「CoviShield」から「Vaxzevria」に変更しました。

ワクチンは猛毒だという真実を隠ぺいし、ワクチンの名前を変えてまで、人々に危険なワクチンを打たせようとしているわけです。

本当に鬼畜の仕業です。

今も昔も変わらず、無知な人ほど不幸になり、命を落としてしまうのが現実です。

一度の間違いで、一生後悔するようなことがないように、私たちは賢く生きる必要があります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)