RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【またも創価企業のボロ儲け】大規模ワクチン接種にモデルナ社製採用

日本政府は、大都市での大規模コロナワクチン接種に「モデルナ社」のワクチンを使用する方針を明らかにしました。

モデルナ社製のワクチンは、来月にも承認される見通しだそうです。

モデルナ社の社長スティーブン・ホーゲは、マッキンゼー・アンド・カンパニーの出身でしたが、マッキンゼーは創価企業でした。

ですので、モデルナもやはり創価企業です。

コロナパンデミックは創価学会がでっち上げた茶番ですので、コロナ禍でボロ儲けしている企業のほとんど全てが創価企業です。

ファイザーやアストラゼネカのような大手ワクチン会社も、すべて創価企業であることが既に分かっています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

繰り返すようですが、ワクチンは最悪、死に至るほど危険な殺人兵器です。

それらを大量に製造し、人々を殺戮してボロ儲けを企むなど、まさに人道に反した悪魔の所業としか言いようがありません。

ワクチンの大規模接種は、イルミナティの最終目的である人口削減のためのものですので、私たちは彼らの悪なる計画をすべて明るみに出し、創価学会・イルミナティの全ての計画を頓挫させていかなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

コメントを書く

*
*
* (公開されません)