【理研と東大】たった5分で“嘘コロナ”を検出する方法を開発

理化学研究所や東京大学などの研究チームが19日、コロナウイルスによる感染をたった5分で検査できる新たな方法を開発したと発表しました。 5分という検査時間は世界最速であり、コストもPCR検査とほぼ同等とのことです。 研究チームは、コロナだけでなく、他のウイルス感染症や、癌などの診断にも応用できると語っています。 かつて理研は、STAP細胞を開発した後、iPS細胞を開発していた京都大学との間で、激しい利権争いに巻き込まれてしまいました。 その結果、理研の笹井芳樹副センター長は自殺に見せかけて暗殺され、STAP細胞は完全に叩き潰されてしまいました。 ○理研・笹井氏の暗殺説の裏がとれました。松岡大臣のときと同じく、死因鑑定がわざと回避された…