RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

群馬県でコロナワクチン接種者が次々とコロナに感染

群馬県高崎市と伊勢崎市で、コロナワクチンを2回接種した医療従事者の女性と「伊勢崎市民病院」に勤める男性の2名がコロナに感染したことが明らかになりました。

現在、政府は国民に対してワクチン接種を促していますが、ワクチンには全く効果がないことが今回の報道で証明されました。

そもそも、コロナウイルスは存在せず、コロナパンデミックは創価学会による茶番劇に過ぎませんので、今回のこの感染報道は、ワクチンによる副反応を「コロナに感染した」と偽って報道している可能性が高いです。

また、ワクチンにはウイルスや有害物質も含まれているため、2回も接種すれば重篤な副反応が出るのは当然です。

○ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

そして何より、今回、感染報告のあった群馬県は、コロナ茶番をでっち上げた創価学会の拠点です。

群馬県は中曽根康弘をはじめ、数多くの創価人脈を輩出した場所でもあります。

しかも、群馬県民の日である10月28日は、なんとワクチンをばら撒いたビル・ゲイツの誕生日でもあるそうです。

ビル・ゲイツは、中曽根康弘の妻・蔦子にそっくりであることから、蔦子の隠し子である可能性が高いと噂されています。

このように群馬県は、創価学会の最重要拠点であるため、コロナ感染者数の改竄が容易にできるのでしょう。

しかも、2回ワクチン接種した人すらコロナに感染すると報じることで、1回や2回の接種では感染リスクが高く、3回ぐらいはきちんと打たなければ危険だと思い込ませようとしているとも考えられます。

Twitterでは、ワクチンを2回接種した人たちがコロナの症状に似た副反応に苦しんでいると訴えています。

このように、挙げればキリがないほど多くの人たちがワクチン接種の副反応に苦しんでいます。

若者であれば体力があるため、まだ耐えられるかもしれませんが、元々抵抗力の弱いお年寄りはこの程度の症状では済まないかもしれません。

今後、ワクチン接種者のコロナ感染報道も増えていくと予想されますが、コロナそのものが存在しませんので、こういった報道を真に受ける必要はありませんし、コロナを恐れてワクチンも打つ必要もありません。

マスコミの報道に惑わさることなく、安心して毎日を暮らすようにしましょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment