RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

スウェーデン・デンマーク・フィンランドが、若年層へのモデルナワクチン接種停止を表明 政府が心筋炎などの副反応の危険性を認める

, …

既にコロナ茶番が終了しているスウェーデンの保健当局は6日、1991年以降に生まれた人(30歳未満)を対象とした米モデルナ製のコロナワクチン接種を停止すると発表しました。

ワクチンを接種した若年層の間で、心筋炎や心膜炎などの副反応が増加している可能性を示す報告書を受け、当局は「とりわけモデルナ製ワクチン2回目接種後の相関関係は明白」と危険性を認めました。

その一方で、今後は米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの接種を推奨するとも述べ、表面的にはイルミナティの人口削減に加担しているように見せかけてはいますが、スウェーデンなどの北欧諸国は、他国に先駆けてコロナ感染対策の規制を全て撤廃しているため、今さらワクチンを進んで接種する人など誰もいないのが現実でしょう。

また、デンマークとフィンランドも、同じ報告書を基にモデルナ製ワクチンの若年層への接種を停止しました。

○【コロナ茶番終了】北欧のデンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドでコロナ関連の規制が全て撤廃 ワクチンパスポートも不要に

このように、モデルナワクチンの危険性を訴える報道が増えていますが、モデルナ以外のワクチンでも同じように心筋炎を発症し、最悪死亡する可能性が非常に高いため、他社製のワクチンも絶対に接種してはいけません。

コロナ茶番を煽り、“ワクチン”という名の殺人兵器を世界中に売り込んできた全ての関係者たちに、神様からの公正な裁きが下り、完全に滅び去ることを心から祈ります。

○東京理科大学名誉教授・村上康文氏「同一抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験で5回目から死亡する例が増加。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡する」

○モデルナとJ&Jのコロナワクチンに得体の知れない異物が多数混入!! 触手を持った微生物も確認される

○モデルナ製コロナワクチンにはイタイイタイ病の原因となった重金属「カドミウム」が含有 脳神経に悪影響を及ぼすアルミニウムも

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment