RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【デンマーク】コロナをインフルエンザと同等と見なし、感染対策を全て廃止

, …

デンマーク議会は、10月1日から全てのコロナ対策を撤廃することを決定しました。

これまでデンマークでは、コロナ感染対策としてマスクの着用、PCR検査、ワクチン接種証明書や陰性証明書の提示などが行われていましたが、これら全てが廃止されるとのことです。

デンマーク国立血清研究所(SSI)学術部長代理のTyra Grove Krause氏は、「今年の夏の終わりに人々が仕事や学校に戻った後、新たな感染の波が予想されるが、それは警戒すべきことではない」とし、「インフルエンザを彷彿とさせるものになるでしょう」と述べました。

またSSIは、「デンマーク国内での集団免疫を達成するために、ワクチン接種に頼ることはない」と発表し、ワクチン接種の必要性を暗に否定しています。

さらに、チロル地方の弁護士であるレナーテ・ホルツァイゼン博士は、すべての雇用者に対して、従業員にワクチン接種を受けるよう圧力をかけたり、強制接種をさせることを控えるようにと強く勧告しているとのことです。

しかし、世界各地でこうしてコロナ感染対策が撤廃されているにもかかわらず、この日本ではそういった諸外国の実情は一切、報道されることがなく、未だに政府によって無意味な緊急事態宣言が繰り返し発令されています。

○英イングランド19日からコロナ対策完全撤廃へ 全国民が既にノーマスクで自由に生活

もっとも、コロナは風邪やインフルエンザの類ですらなく、マスクやワクチンに含まれる酸化グラフェンの毒性によって引き起こされていることが既に判明しています。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○【医者も耐えられないデルタ株】CBSニュースで、デルタ株について語った医者が収録中に爆笑、変異株が嘘だとバレる

ですから私たち日本人も、マスクの着用や過剰な消毒、ソーシャルディスタンスなどの馬鹿らしいコロナ対策を今すぐやめて、コロナ以前の生活をいち早く取り戻さなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment