RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン開発の第一人者ファイザーCEO「自分のような健康な人にはワクチン接種は勧められない」と語る

ファイザー社のブーラCEOが、テレビ番組のインタビューで「まだワクチンを接種していないようですが、いつされますか?」と質問された際、言いにくそうに「自分は59歳で健康だし、第一線で働いているわけでもないし、自分のような人たちにはワクチン接種は勧められない」とコメントしていたことが分かりました。

ブーラCEOは、ワクチンが危険であることを知っているため、当然、最初から打つつもりはなかったのでしょう。

しかし、ブーラCEOはその後、自身のツイッターで「ワクチン接種を受けた」と、接種の様子を撮影した画像とともに投稿しています。

庶民からの批判を避けるために、自らの意見を翻してこのようなツイートしたと考えられますが、投稿された画像を見る限り、ブーラCEOの腕には注射針が刺さっておらず、打ったフリをして庶民を騙そうとしていることが分かります。

ブーラCEOは現在、コロナワクチンを年内に3回接種すること、そして来年以降も毎年接種することを推奨しています。

○ファイザーCEO 「コロナワクチン一年以内に3回接種必要」毎年接種も

○確実に人口削減したいファイザーが、コロナワクチン3回目の接種を申請へ

しかし、彼自身が「自分のような健康な人にはワクチンはお勧めできない」とはっきり述べていますので、皆さんも彼の言葉に従って、ワクチン接種をしっかり拒否するとよいでしょう。

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment