RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

元ファイザーの副社長マイケル・イードン氏は、コロナワクチンの危険性や、人口削減計画が実際に行われている現状について、命懸けの訴えを続けています。

彼は真実を告発しようとしたがために、職を失い、多くの友人を失ったようですが、それでも未だにこうして人々に警告を発しつづけています。

現在、世界中でファイザー製のワクチンが接種され、大勢の人々が重篤な副反応に苦しみ、最悪、死亡する事態に陥っていますが、この日本でも既に同社のワクチン接種による死亡事例が相次いで発生しています。

しかもイードン博士は、接種者の見込み寿命は、長く見積もっても「3年」だと証言しています。

現在、接種直後に死亡した人ですら、その死とワクチンとの関連性が認められず、泣き寝入りするしかない状況となっていますが、彼の言葉が本当であれば、今後ますますワクチンによる死者が至るところで出てくる可能性があります。

創価とズブズブの厚労省「ワクチン接種で死亡したら4420万円支払う」と嘘をつく

ファイザー製のワクチンに限らず、どの企業のワクチンも庶民を殺戮するために作られた毒薬ですので、絶対に接種してはいけません。

この日本では、ワクチン接種があまり進んでいないと報じられていますが、それでも被害者数はじわじわと確実に増大しています。

もし周囲にワクチンを打とうと検討している人がいるようであれば、今回ご紹介したようなワクチンに関する正しい情報をシェアして、できる限り多くの人々の命を守っていかなければなりません。

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

米ファイザー “コロナ特需”でボロ儲け コロナワクチン売上2兆8300億円となる見通し

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

【韓国】90歳女性、ファイザー製ワクチン接種2時間後に死亡

【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)