RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価王国・岡山】7月から64歳以下へのコロナワクチン接種開始 小中学生にも

岡山県の2市(岡山市・総社市)は3日、64歳以下へのコロナワクチン接種を7月に開始すると発表しました。

総社市においては、同月から市内の小中学生約2700人に対しても、集団接種を行う予定だと明らかにしています。

今回の発表は、厚生労働省によって、米ファイザー製ワクチンの接種対象年齢が、16歳以上から12歳以上に引き下げられたことを受けての対応だとのことです。

総社市長の片岡聡一は、記者会見で「子どもの接種完了は各家庭を明るくする。(子どもは)キーパーソンだ」などと述べ、速やかにワクチン接種を行う方針を示しています。

このように、岡山県でいち早く64歳以下の庶民に接種が行われ、積極的に人口削減を行おうとしているのは、岡山県が完全に創価学会の支配下にあるからに他なりません。

以下のブログには、岡山県と創価学会の関係について、このように書かれています。

ーーーーーーーーーーーーーーー(以下、こちらより転載)

フジと読売系は昔からオウムより悪質なカルト創価学会関係の局ですが、フジ系の岡山放送のローカル番組では創価学会のCMが流れるという気持ち悪い創価学会県です。

岡山は戦前から創価学会の影響が強く異常者が多いためそういう事件が多く、「犬神家の一族」などの一連の作品はここを舞台に書かれました。

創価学会員は犬を飼って、それを嫌がらせのために利用しています。ソフトバンク社長は韓国人で創価学会員なのでCMに犬を使っているのです。

岡山出身のフィギユア選手もそうでしょう。創価学会員は自分たちより優秀な人間の妨害を何十年もしてきました。

そういう下劣なことをしてスポーツ選手を作って来たのです。岡山出身のスポーツ選手が多いのはそのせいです。

ーーーーーーーーーーーーーーー(転載ここまで)

また、岡山市長の「大森 雅夫」は、前職が創価学会とズブズブの国土交通省の官僚で、自由民主党・民主党・公明党・日本維新の会の推薦を受けて出馬しており、いかに創価学会から手厚いバックアップを受けて市長に当選したかがよく分かります。

また、小中学生のワクチン接種を急ぐ総社市長の「片岡聡一」は、群馬人脈が創設した「青山学院大学」出身で、公明党と蜜月関係にあることが既に判明しています。

このように岡山県は創価学会の拠点となっているわけですが、同時に岡山を「岡京」と名付けて日本の首都にしようという動きがあることも、RAPT理論によって既に解明されています。

○RAPT×読者対談〈第111弾〉人工地震3.11を起こした真犯人は出雲族である。

このような動きがあるのも、結局は岡山が創価の支配下にあるからでしょう。

10年前にコロナを予言したとされる岡山出身の作家「高嶋哲夫」も、今年2月に、岡山への首都移転をつづった新著「首都岡山―新しい日本の形―」を出版しています。

○“コロナ予言作家” 高嶋哲夫氏が提言 再来する巨大災害「生存への道は岡山遷都」

このように岡山県ではイルミナティによる遷都計画が進められているため、ワクチン接種によって速やかに人口削減をし、庶民から土地を強奪しようと目論んでいるわけです。

ワクチン接種を急ぐ市長らは、創価学会のためなら平気で庶民を殺戮できる人たちですから、特に岡山県在住の人たちは彼らの動きに十分に警戒し、自らの命に危険が及ばないよう注意しなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment