RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業ファイザー、コロナ終息後は米国内の営業職が不要になると判断し、リストラへ

創価企業のファイザーは11日、コロナの終息後、医師など医療従事者が営業担当者と対面でのやり取りを減らすことを望むと予想されるため、米国内の営業担当者を削減する方針を明らかにしました。

同社は声明を発表し「我々はより焦点を絞った革新的なバイオ医薬品企業へと進化しており、デジタル化が進む世界において医療従事者との関わりも進化させている」と述べました。

さらに「進化するニーズに対応するため、適切な専門知識とリソースの確保に向けて従業員に関する変更を行う予定だ」と説明していますが、現在のところ営業担当者の具体的な削減数は明らかにしていません。

また、関係者によると、ファイザーは数百のポジションを廃止する一方で、新たな分野で職を設ける計画を進めているとのことです。

これまでファイザーは、数々の薬害を発生させてきた上、コロナワクチンによって多くの人々を大量殺戮してきました。

○創価企業ファイザーが、薬害によって多くの人々を殺害してきた歴史

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

そんなファイザーの営業マンたちは、人々の健康と命を引き換えに医者と変わらない高収入を得て、贅沢三昧の生活をしてきたようです。

しかし、そんな彼らさえも今ではリストラの脅威に晒されており、これまでの行いに対する報いを受ける時が来たと言えるでしょう。

また他の製薬会社も、ファイザーに続いてリストラを開始するのではないかと予想する声が上がっています。

このようにファイザーは、より効率的に利益を得るために社員すらも容赦なく切り捨て、新たなボロ儲けの段階に突き進もうとしているわけですが、これ以上、彼らによって人々の命が脅かされないためにも、彼らのような悪なる製薬会社が一つ残らす滅び去ることを心から祈ります。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment