RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価と李家の操り人形】小池百合子の影武者が「コロナは首都直下地震と同じと認識」と煽り、批判殺到

東京都の小池百合子知事は、急激にコロナ感染が拡大している現在の状況について、「医療体制だけではなく、多くの事業や社会活動の停止につながる、首都直下地震に相当すると認識している」と述べ、危機感を示しました。

さらに、都の認証を受けた飲食店に対し、会食人数の制限を「1グループ8人以内」から「同4人以内」に強化することなどを決定し、再び飲食業界をターゲットに圧力をかけはじめました。

しかしもう既に、人数制限や酒の提供禁止といった“対策”に科学的根拠はなく、経済を悪化させるために実施されていることが国民の間に広く知れ渡ってきているため、今回のこの小池の方針に対して批判が殺到しています。

また、小池百合子がコロナを直下型地震に置き換えて、都民の恐怖心を煽ろうとしたことにも多くの国民が怒りの声を上げています。

小池百合子は、「コロナによって医療現場だけでなく流通運輸などの社会の基盤そのものが大きく揺らぐため、直下型地震のようなものだ」と述べているわけですが、今後「第6波」の茶番によって、直下型地震並みの経済被害を出そうと目論んでいる可能性があります。

そもそも、小池百合子がこうしてコロナ茶番を煽りつづけているのは、最終的に憲法改正へと結びつけたいと考えているからに他なりません。

もっとも、小池百合子本人はもう既に死亡している可能性が高く、創価学会や李家によって操られた影武者によって未だに生存しているかのように演出されているに過ぎません。

○【死亡確定】小池百合子、先月20日からツイッターを一切更新せず 6月20日は小池そっくりの嵯峨浩の命日

今もなお、小池百合子の影武者がこうして都知事の座に居座っているということは、彼女の背後にいる創価学会や李家が未だに強い影響力を持っている証左とも言えますので、一刻も早く彼らが滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

○【李家の新たな利権】東京都、新築一戸建て住宅に太陽光発電の設置義務化へ

○【マスコミの洗脳が通用しない南アフリカ】コロナワクチンの接種率27% ビーチやクラブは休日を楽しむ人たちで溢れる

○【北朝鮮人はコロナが嘘だと知っている】国民が一斉に集まり、超密状態・ノーマスクで正月を祝う

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment