RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の衰退】中国ファーウェイ、21年の売上高は前年比30%近い減収 今年も「困難が待ち受けている」

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の郭平・輪番会長が12月31日、2021年の売上高について30%近く減少したことを明かし、2022年も引き続き厳しくなるとの見通しを示しました。

書簡によると、2021年の売上高は6340億元(約11兆4819億円)で、20年の8914億元(約16兆1435億円)から28.9%減となりました。

売り上げ減少の原因として、米国による半導体の輸出規制によるスマートフォン事業の落ち込みがあげられます。

郭氏は従業員に宛てた書簡で、「22年も困難が待ち受けている」と述べ、「生き残り」に向けて研究開発や新商品の投入を強化する考えを示しました。

ファーウェイは、李嘉誠の巨額投資などの絶大なバックアップによって大きく栄えてきましたが、ここに来てイルミナティどうしの争いが激化し、じわじわと疲弊してきているようです。

また、中国では不動産企業も次々と倒産している上、甚大な災害も度々発生し、混乱を極めています。

○【神様の裁き】中国「恒大集団」の株価急落により、李嘉誠ら香港の不動産王4人の資産価値が1日で約7300億円吹き飛ぶ

これも全ては、世界中を混乱に貶め、侵略行為を行ってきた李家など、中国人への裁きが進んでいる証拠でしょう。

この勢いで、世界を食い物にしてきた中国人にさらなる裁きが下るよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

○【李家の凋落】ファーウェイ「スマホ事業で4兆円規模の減収」見込みを発表 アメリカによる輸出規制が響く

○【崩壊する中国経済】「恒大」につづき、不動産大手の「融創」も経営悪化 中国の不動産会社、1日に1社が消滅

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment