RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アメリカ】コロナワクチン接種・ワクチンパスポートを義務付けた州から大量の国民が流出 中国人(李家)による侵略のため、意図的に人口流出を起こした可能性大

, …

州によってコロナ対策に大きな差を生んでいるアメリカで、コロナワクチン接種やワクチンパスポートを義務化した地域から大量の国民が流出していることが明らかになりました。

以下の赤い棒グラフは、2021年の流出人口を表しており、コロナワクチンの接種やワクチンパスポート提示を義務化したカリフォルニアやニューヨークなどから著しく流出していることが分かります。

その一方で、ワクチン接種の義務付けを禁止したフロリダやテキサスに大勢の人たちが流入しています。

そんな中、人口の減ったニューヨークでは、中国人たちがマンションを爆買いしているとの情報がツイッターに投稿されています。

したがって、中国人が狙っている州でワクチンパスポートを義務化し、わざと人口を流出させて不動産を買収しやすくしている可能性がなきにしもあらずです。

○【創価企業による乗っ取りが深刻化】ニューヨークでGoogleなどのビックテック企業が次々と不動産を買収

しかも、最も流出人口の多いカリフォルニア州では、アメリカ国籍でない中国人にまで投票用紙が配られており、明らかに中国人による侵略が進んでいます。

このように中国人は世界各国を侵略し、多くの人々に多大な害を及ぼしていますので、李家をはじめとする中国人、そして彼らを後押しする全てのイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○米南部フロリダ州で、ワクチン接種義務づけを禁じる法律が成立 バイデン政権に真っ向から対抗

○米テキサス州でコロナワクチン接種義務化を禁止

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment