RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業ファイザーの悪あがき】コロナ茶番を2024年まで延長すると発表

, …

創価企業ファイザーは17日、コロナパンデミックについて、2024年までに収束しない可能性があるとの見方を示しました。

同社のドルステン最高科学責任者は、世界の一部地域で今後1〜2年にわたり、パンデミックレベルの感染が継続すると予想しています。

一方、それ以外の地域ではパンデミックから「エンデミック(一定地域で普段から継続的に発生する状態)」に移行する見通しで、24年には世界的にエンデミックとなるという予測を示しています。

これまでイルミナティたちは、2023年までコロナ茶番を続ける計画を立てていたことが判明していますが、ここに来て茶番を延長し、さらに人々を苦しめようと悪あがきしています。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

○【コロナ茶番は2023年で終了】創価企業Facebook、トランプのアカウントを2023年1月まで凍結

○星野リゾートによる日本乗っ取りが絶好調 2023年にコロナが終わると予測し、コロナ後を見据えた観光業に着手

おそらく、イルミナティたちが予想していたよりも遥かに早い段階で「コロナは茶番」だということを人々に知られてしまった上、ワクチンの危険性があっという間に世界中に知れ渡ってしまったことも大きな要因でしょう。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

人々にコロナ茶番のカラクリや目的を知られ、ワクチンパスポートを使った支配構造を確立することが難しくなったため、やむをえず延長することにしたのかも知れません。

しかし、コロナ茶番を長引かせるとなると、不況などで被害を被った一部のイルミナティたちが黙ったままではいないでしょうし、内部争いもさらに激しくなっていく可能性もなきにしもあらずです。

このようにイルミナティたちは、自分たちの利益を守ることしか眼中にありませんので、コロナ茶番が一刻も早く収束するよう、彼らの滅びを続けて強力にお祈りしなければなりません。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

○【イルミナティによる人口削減計画】米諜報団体Deagelが、2025年までに各国の人口が大幅に減少するとの予測を発表

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment