RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の末路】アウンサン・スーチー、新たな汚職容疑で訴追 全て有罪の場合、最高100年を超える禁錮刑

ミャンマーの当局は11月30日、国営放送を通じて軟禁下に置かれているアウンサン・スーチーを新たな汚職の容疑で訴追したことを明らかにしました。

既にスーチーは、汚職や国家機密漏えいなど10件以上の容疑で訴追されており、全てが有罪となった場合、合計で最高100年を超える禁錮刑を科される恐れもあるとのことです。

国営放送によると、スーチーは自然災害時に活用するヘリコプターの購入やリース、維持管理を巡って、権限を乱用し、国費を浪費したとされています。

また、スーチーは、無線機の違法輸入やコロナ対策を怠った自然災害管理法違反などでも訴追を繰り返されています。

過去の記事でも述べましたが、スーチーはミャンマーを李家の手中に収めるために遣わされた工作員で、人身売買や麻薬密売をはじめ、数々の悪事を働いてきたことが判明しています。

○【アウンサン・スーチーの正体】麻薬と人身売買で荒稼ぎし、ミャンマーを乗っ取ろうとしていた李家の工作員だった!!

https://twitter.com/tak341/status/1438705955718324227?s=20

実際、スーチーは中国共産党とズブズブの関係で、昨年、数十ものインフラ事業や通商協定に調印し、その際に「隣国としては世界が終わるまで(中国に)足並みをそろえる以外にない」とも述べています。

○中国とミャンマーが経済協定調印、「世界が終わるまで足並みそろえる」とスー・チー氏

また、岸田文雄は外相時代にスーチと会談しており、李家どうしで固い握手を交わし、ミャンマーを支援することを約束しています。

しかし、かつて絶大な権力を誇った李家も、今ではイルミナティどうしの争いによって衰退し、明らかに窮地に立たされていることが見て取れます。

今後、スーチーの裁判の行方に注目ですが、公正な裁きにより、これまで行なってきた全ての悪事の報いを受けますことを心から祈ります。

○【四面楚歌の李家】“日大のドン”田中英寿理事長を所得税法違反容疑で逮捕「俺が逮捕されれば、政治家に渡した裏金のことも全部ぶちまけてやる」

○【李家の衰退】DAIGO、政界転身なしで名門「竹下派」完全消滅

○【創価企業・電通】嵐櫻井翔の父・桜井俊が副社長執行役員を退任 李家の衰退が顕著に

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment