RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業・電通】嵐櫻井翔の父・桜井俊が副社長執行役員を退任 李家の衰退が顕著に

電通グループは12日、役員の人事について発表し、五十嵐博取締役執行役員(61)を2022年1月1日付で社長に昇格させ、山本敏博社長(63)と、元総務事務次官でアイドルグループ「嵐」の櫻井翔の父親として知られる桜井俊副社長執行役員(67)を、退任させることを明らかにしました。

電通はこれまで、業績不振の中でも本社ビルなどを売却しながら経営を維持してきましたが、コロナやオリンピックに乗じて行なった不正や税金の中抜きなどの発覚により、国民から不審の目を向けられるようになりました。

○【電通の終焉】都内の関連施設を次々と売却

○電通本社ビルを3000億円でヒューリックの子会社に売却 売却益890億円 創価企業同士で不動産売買し、電通倒産の危機を免れる

○東京都の五輪パブリックビューイングを全て中止し、ワクチン接種会場へ転用  電通への利益供与と人口削減を同時並行で進める小池百合子

○【群馬人脈のドル箱】電通が倒産の危機 オリンピック中止で放映権全額払い戻し

そして、その電通の行った悪事に中心的に関わってきたのが、副社長の櫻井俊です。

櫻井俊は李家の血筋であり、竹中平蔵や松下幸之助などとも親戚関係にあるが故に、電通のNo.2にまで上り詰めることができたことが分かっています。

○【大スクープ!!】パソナとパナソニックとサムスンは血縁で結ばれている 竹中平蔵と松下幸之助と櫻井俊は親戚=李家だった

現在のところ、櫻井俊の退職の理由については詳しく報道されていませんが、李家の勢力がそれだけ衰退しているということは疑いの余地がありません。

このように李家が各業界の最前線から排除され、一刻も早く滅び去ることを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment