RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【防衛省】コロナワクチン接種時の急性副反応の9割が「ストレスが原因」とのトンデモ論を発表

防衛省が開設したコロナワクチンの大規模接種会場が今月末に閉鎖されるのを前に、自衛隊中央病院が急性期の副反応を示した2930人について分析したところ、約9割が接種への不安に伴うストレスが原因だと発表しました。

同省が5月24日に開設した大規模接種センターは、全国に先駆けてモデルナ製ワクチンを使用しており、副反応に対するデータ収集にも力を入れてきたとのことです。

自衛隊中央病院が9月24日までに東京会場で接種した延べ120万1688人について分析したところ、2930人が「急性期」(約30分以内)に「じんましん」や「ふらつき」などの副反応を発症したとのことです。

さらに、急性期に副反応を示した人のうち、2601人(88.8%)はストレス性の反応とみられ、極度の緊張や不安が引き起こす過呼吸や、「血管迷走神経反射」と呼ばれる失神・血圧低下などの症状が出たそうです。

こうした副反応は若年層ほど顕著で、20~34歳が3分の1以上を占め、失神して転倒し、頭を強く打ちつけて救急搬送されたケースもあったとのことです。

このように防衛省は、単なるストレスによってコロナワクチン接種時に副反応が起きるとしていますが、このような稚拙なトンデモ論にどれほどの国民が騙されるのか甚だ疑問です。

実際、Yahoo!ニュースのコメント欄でも、今回の防衛省の発表に対して批判が殺到しています。

2ちゃんねるの創設者であるひろゆきも、「コロナワクチンの副反応は心の持ちようで発症する」などとデマを語って国民を騙そうとしましたが、厚労省もひろゆきと全く同じことを言って、コロナワクチンの副反応を“個人のせい”にし、一切の責任から逃れようとしています。

○【工作失敗】李家のひろゆきが「コロナワクチンの副作用は心の持ちようで発症する」と誰でも嘘と分かるデタラメを言い、ワクチンの危険性を完全否定

○創価メディアのクーリエ・ジャポンが「ワクチンの副作用は思い込みで起こる」と誰でも嘘と分かるデマ記事を書いて自爆

日本政府がコロナワクチンを使って、大量に人口削減を実行してきたということは揺るぎのない事実ですので、ワクチン政策に関わった全ての悪人たちが裁かれるよう、強力にお祈りしなければなりません。

○【厚生労働省】コールセンター職員が内部告発か?「ワクチンは感染を予防するものではなく、情報を収集するために実施されている」「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」

○【コロナワクチンの健康被害】 新たに81人の救済認定 その裏で5万人がワクチン接種によって死亡している可能性大

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment