RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【追い詰められる公明党】 遠山元財務副大臣を任意聴取 貸金業法違反事件で

日本政策金融公庫の融資を違法に仲介した貸金業法違反容疑の関係先として、公明党衆院議員事務所が家宅捜索を受けた事件で、東京地検特捜部が元財務副大臣で同党の遠山清彦元衆院議員から任意で事情聴取していたことが7日、明らかになりました。

特捜部は8月、遠山元議員の元秘書2人と太田昌孝前衆院議員の元秘書1人が、会社役員らから依頼され仲介に関与した疑いがあるとみて、太田の事務所と、遠山の元秘書2人が秘書を務めていた吉田宣弘衆院議員の事務所を家宅捜索していました。

○東京地検特捜部、公明議員事務所を貸金業法違反で捜査 創価潰しの始まりか?

○【創価学会の犯罪】コロナ禍の中、日本政策金融公庫が創価企業に優先的に融資していたことが発覚 公明議員秘書らが仲介、企業から1600万円もの謝礼金を受け取る

関係者によると、男性役員はこれまでの特捜部の聴取に対し、複数の業者から融資成立の謝礼を受け取っていたと説明しています。

さらに「遠山元議員側には、年間現金数百万円を渡した」と供述する一方、「現金は融資とは無関係だ」とも主張しているとのことです。

今回の不正は、創価学会が組織ぐるみで行っていた可能性が高いとみられますが、遠山元議員らだけが悪いということにして、トカゲの尻尾切りをするつもりなのかも知れません。

これまで創価学会とズブズブだった東京地検特捜部が、どこまで真相を明らかにするのかに注目ですが、公正かつ厳粛な裁きが下されることを心から祈るばかりです。

○【創価による報復か】東京地検特捜部で謎の火災が相次ぐ

○小池百合子の死亡がほぼ確定 テクノシステムの巨額詐欺事件にも関与の疑い

○ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment