RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

浜崎あゆみがコロナワクチン接種後にアナフィラキシーショックを起こし、一時意識不明に

歌手の浜崎あゆみがコロナワクチン接種後にアナフィラキシーショックを起こし、6日に日本ガイシホールで行われた『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~』の公演後、病院に救急搬送されたことが明らかになりました。

7日に公式サイトで報告され、この日、同所で開催予定だった公演を急きょ中止としました。

浜崎は今月4日、「私の不注意により本日足首を骨折してしまいました」と足首の骨折を報告していたばかりで、このとき既にコロナワクチンを接種していたのではないかと指摘されています。

コロナワクチンを接種した後、めまいやしびれなどの副反応を発症し、転んだり階段から落ちるといった被害が続出していることから、浜崎あゆみも搬送される前からかなり体調を崩していたのではないかと言われています。

現在は回復しつつあるとのことですが、このようにコロナワクチンを接種した有名人も次々と副反応を発症し、命が脅かされる事態にまで至っています。

にもかかわらず、芸能人たちが誰もワクチンの危険性を訴えようとしないのは、やはり創価学会とズブズブの関係にあるからでしょう。

これまで創価学会のお陰で栄えてきた有名人たちが、創価のコロナ茶番でばら撒かれたワクチンによって活躍の場を失うというのも、なんとも皮肉な話です。

このように創価学会は、自らに与してきた者たちにとっても害悪となっている有様ですが、このようにして創価学会ともどもその関係者たちは皆、滅び去っていく運命にあるということでしょう。

○【コロナワクチンの副反応の疑い】アルゼンチンのスターサッカー選手・セルヒオ・アグエロが試合中に倒れ、病院に搬送

○巨人原監督が意味不明な発言を連発 番記者の間で囁かれる「情緒不安定説」4年ぶりの10連敗による心労か、あるいはコロナワクチンが原因か

○楽天監督のデーブ大久保、コロナワクチン2回目接種後に心筋梗塞で生死の境を彷徨っていたことが発覚

○【ワクチン死か?】人間国宝・柳家小三治が心不全で死亡 落語界で今年“5人目”の死者

○【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment