RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【森友文書改ざん問題】懲戒処分を受けた「美並義人」が日本郵便に天下り 選挙のどさくさに紛れて専務執行役員に就任

学校法人森友学園をめぐり、財務省近畿財務局の職員らが公文書を改ざんした事件で、当時の近畿財務局長だった美並義人(みなみよしと)が11月1日付で日本郵便の専務執行役員に就任しました。

美並義人は、文書改ざん問題で監督責任を問われ、2018年6月に戒告の懲戒処分を受けた後、東京国税局長などを経て、今年7月に定年退職していましたが、衆院選のどさくさに紛れて日本郵便に天下りしました。

日本郵政の増田寛也社長は、10月29日の記者会見で「文書改ざんが起きていることは知らずに、監督責任で処分されたと理解している」などと説明した上で、「非常に実力のある人間。活躍してもらいたいという思いでスカウトした。本人も深く反省しており、挽回してほしい」と述べました。

“非常に実力のある人間”というのは、あくまで悪徳政治家たちにとって“都合の良い人材”ということであり、私たち国民からすれば、安倍晋三や麻生太郎と結託して不正を働いた上、赤木俊夫さんを自殺に追いやった極悪人でしかありません。

美並義人は本来、部下たちを守るべき立場にあったにもかかわらず、財務省に忖度し、部下たちに不正を働かせてきた人物ですから、厳しく処罰されて然るべきです。

このように不正を働く極悪人たちが一人残らず厳正な裁きを受け、この世から不条理がなくなることを心から祈ります。

○【森友文書改竄】赤木ファイル公開で安倍昭恵の関与が真っ先に改竄されたことが判明するも、本人は無視してインスタ更新

○「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment