RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【京王線車内で放火殺人未遂事件発生】 衆議院議員選挙の不正から目を逸らすためのスピンである可能性大

東京都調布市の京王線国領駅付近を走行中の車内で31日夜、男が刃物を振り回して火を付け、多くの怪我人が出ており、腹部を刺された60代男性は現在、意識不明の重体となっています。

駅に停車した後も電車のドアは開かず、乗客も窓から慌てて避難するなど、騒然とした現場の様子がツイッター上に次々と投稿されました。

31日は、衆議院議員選挙の開票日であり、同時に悪魔崇拝者たちが重要視しているハロウィンの日でもありました。

○「ハロウィン」は今も昔も生贄儀式であり、「ウォルト・ディズニー」によって普及されました。

放火の犯人は、以下の動画に映っている男で、映画バットマンに登場する「ジョーカー」の仮装をしていました。

また、ネット上では、突如起きた事件にもかかわらず、警察が異様なまでに落ち着き払っている上、彼らの様子を冷静にカメラを固定して撮影している人までいることから、最初から計画されていた事件だったのではないかとの憶測が広まっています。

同日に行われた衆議院議員選挙の不正に、多くの国民が気付きそうになったため、スピンのために事件を起こしたのではないかとも指摘されています。

○【北海道】12歳男児が母親の代わりに投票し、有効票として扱われる 創価学会では“なりすまし投票”が常習化

不正選挙の黒幕は、創価学会であることが既に分かっていますが、創価学会は凶悪犯罪者の巣窟でもありますので、今回のような事件も工作員を使って簡単に起こすことができるはずです。

○不正選挙こそが天皇家と創価学会の権力の源泉。創価学会が消えてなくなれば、天皇の権力も自ずと消えてなくなるでしょう。

○創価学会の凶悪犯罪者リスト!

このように日本中を混乱させ、私たちから平和な生活を奪い取ってきたのは、必死で選挙活動をして国民を丸め込んでいる政治家たちであり、彼らを支持する創価学会に他なりません。

悪徳政治家たちや創価学会が存在する限り、私たち日本人は安心して日本で暮らすことができません。

皆さんで心一つにして創価学会をはじめとしたイルミナティどもが一人残らず滅び去るよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment