RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【自分の首を絞める創価人脈】コロナ茶番に加担してきたテニスのジョコビッチ選手がワクチン拒否により全豪オープン出場禁止の可能性浮上

今年の全豪オープンで9度目の優勝と同時に大会3連覇を達成したノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランキング1位)選手が、コロナワクチンの接種を拒否しているため、4連覇のかかる2022年大会に出場できない可能性が浮上しています。

現在オーストラリアでは、ワクチン接種の強要やマスクを着用していない人に対し、警察官が暴行を加えて無理やりマスクを着用させるなど、卑劣な弾圧が続いています。

こうした政府の方針に伴い、試合会場のメルボルンがあるビクトリア州では、全スポーツ選手へのコロナワクチン接種を義務付けることが決定しました。

同州のダニエル・アンドリュース首相によると、対象は125万人で、当然、プロテニス選手も含まれます。

首相は「10月15日までに1回目の予防接種を受ける必要がある」と述べており、2回目の接種については今年11月末までに行なうよう義務付けました。

ジョコビッチ選手はかねてより、「ワクチンを接種するかは個人の選択で決めるべき」と主張しており、このまま拒否しつづけた場合、来年の全豪オープンの道は絶たれるとのことですが、実はジョコビッチ選手は、コロナに感染したふりをしてコロナ茶番を盛り上げてきた張本人でもあります。

つまりジョコビッチ選手は、自分が煽ってきたコロナ茶番のせいで、最も重要な活躍の場を奪われかねない事態になっているというわけです。

もっとも、彼ほどの上級国民であれば接種したフリもできるかも知れませんが、これまで未接種を貫いてきたということは、そうした裏工作すらできない立場にあるのかも知れません。

このように、思いも寄らぬところからも神様の裁きが進行していますので、この勢いに乗って、一刻も早くコロナ茶番が収束し、創価人脈が一人残らず滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

○【李家・柳井正】ユニクロやGU(ファーストリテイリング)が特許侵害をめぐる裁判で完全敗訴

○【李家・創価企業】ユニクロを人道犯罪で捜査 フランス検察当局

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment