RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家・柳井正】ユニクロやGU(ファーストリテイリング)が特許侵害をめぐる裁判で完全敗訴

ユニクロやGU(ファーストリテイリング)の店舗で使われている、セルフレジの特許をめぐる裁判で、知的財産高裁は20日、ファーストリテイリングの特許侵害を認める判決を下しました。

事実上、ファーストリテイリングが敗訴した形になります。

この裁判は、ファーストリテイリングが、取引関係にあったアスタリスク社の「セルフレジの特許技術」を盗み取り、無断で各店舗に導入したことに端を発して行われました。

しかもマスコミが、この裁判をこぞって大きく取り上げたことで、立場の弱い中小企業の特許技術を奪い取ろうとしたファーストリテイリングの横暴な手口が、世間一般に広く知れ渡ることになりました。

ファーストリテイリングの代表取締役会長「柳井正」は、やはり例に漏れず創価人脈であり、李家の血筋であることが既に明らかになっています。

今回のファーストリテイリングによる特許侵害行為は、李家がこれまで庶民に対して行ってきた強奪行為と全く同じもので、李家はこれまで、世界各国で庶民の開発した技術や財産などをことごとく強奪・略奪することで、自らの財や名声を築き上げてきました。

しかもユニクロやGUは、ウイグル人の強制労働問題に関しても、人権侵害を平気で行う企業だと既に多くの人々から認識されています。

○【新疆ウイグル人権問題】 ウイグル人を強制労働させているのは全て創価企業だった!!

今回、そんな李家の手口が、裁判を通して有罪と見なされたというわけで、これは私たち庶民にとって実に喜ばしい快挙だと言えます。

ちなみに、今回の裁判の経緯については、Twitterで以下のように分かりやすく解説されています。

こうして公正な判決が下され、李家や創価企業が裁かれるようになったのも、神様がイルミナティを裁いて滅ぼしてくださっているからに他なりません。

イルミナティだけが利得を得る不条理なこの世の中を、これからも私たちの祈りと行いによって、正しい真理に基いて生きる人たちが栄える世界へと作り変えていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment