RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【小児性愛者からの支援か?】経営難の日本版エプスタイン島「三鷹の森ジブリ美術館」が寄付を募集し、一晩で1000万円を達成

東京・三鷹市は15日、コロナ禍の影響で「三鷹の森ジブリ美術館」の来館者が大幅に減少し、経営難が続いたため、寄付を募集したところ、受付開始から24時間を待たずして目標金額の1000万円を達成したと発表しました。

過去の記事でも述べました通り、Googleマップで「エプスタイン島」と検索すると、なぜか「三鷹の森ジブリ美術館」がヒットします。

そのため「三鷹の森ジブリ美術館」でも、エプスタイン島と同じように少女買春などが行われている可能性が浮上してきました。

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

○【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

そして実際に「三鷹の森ジブリ美術館」が日本版エプスタイン島となっているのであれば、「ジブリ美術館」が潰れてしまっては、小児虐待を行うイルミナティたちが困りますので、彼らが慌てて多額の寄付をしたのではないかと考えられます。

ちなみに、ジブリ美術館のサイトのトップページには、「となりのトトロ」の「めいちゃん」が大きく表示されているのですが、そのイラストとともに「迷子になろうよ、いっしょに」などと言葉が添えられています。

「三鷹の森ジブリ美術館」が日本版エプスタイン島であることが分かった私たちからすると、この言葉が少女誘拐、幼児誘拐を暗に匂わせていることが分かります。

また、「三鷹の森ジブリ美術館」のエンブレムは、創価の三色旗と同じ配色になっており、つまりイルミナティの秦氏(=赤)、出雲族(=青)、李家(=黄色)を彷彿とさせるデザインとなっています。

しかも、エンブレムの黄色の部分には、カタカナで「イ」と書いてあり、「李=イ(韓国読み)」を意識していることは明らかです。

やはり「三鷹の森ジブリ美術館」は、どこからどう見ても、日本版エプスタイン島だと考えて間違いなさそうです。

この日本版エプスタイン島を運営し、子供たちの心身に悪影響を与えるジブリが、一刻も早く滅び去ることを心から祈るばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment