RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

Amazonの宇宙詐欺 ブルーオリジンが15回目のロケット打ち上げ成功

Amazonの創業者ジェフ・ベゾスが設立した宇宙開発企業ブルーオリジンが、15回目となる「ニューシェパード・ロケット」の打ち上げを成功させたと発表しました。

Amazonは現在、宇宙ビジネスに力を入れはじめたようですが、もう既にRAPT氏によって「宇宙」は存在せず、ユダヤ人の作り出したフェイクに過ぎない、という事実が暴かれています。

こちらの対談では、宇宙は存在せず、地球も球体ではなく平面に近い構造になっていることを、RAPT氏が分かりやすくお話してくださっています。

以上の対談動画をご視聴いただきますと、「宇宙開発」が真っ赤な嘘だということがすぐにお分かりいただけるかと思います。

そして、このように宇宙が存在するといって私たち庶民を騙して詐欺を働いてきたのも、やはり例に漏れず、創価学会であることが分かっています。

というのも、私たちがよく目にする有名な日本人宇宙飛行士は、そのほとんどが創価信者なのです。

Amazonも創価関連企業ですが、庶民が決して見ることができない「宇宙」に目をつけ、ボロ儲けを企んでいます。

しかし、ジェフ・ベゾスの飛ばしたロケットの出来は大変お粗末なもので、「宇宙空間の公式定義である100kmを超えて106kmの高さまで上昇した後に地球に帰還した」と報告されています。

この宇宙空間の公式定義について、JAXAは「どこから宇宙という境はなく、一般的には空気がほとんどなくなる100kmから先を宇宙としている」としており、非常に曖昧なものになっています。

ですから、ロケットが106kmの高さまで飛んだからといって、「宇宙飛行」をしたと主張するのはかなり誇張が過ぎており、これではただ空を飛んだというレベルに過ぎません。

○地上から何キロメートルくらい上昇すると宇宙空間になるのか。

このように、イルミナティが次々とボロ儲けの方法を考えたとしても、RAPT理論によってその大半が詐欺であることがすぐにバレてしまいますので、彼らも途方に暮れているかも知れません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment