RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業トヨタ社長 世界の自動車業界の「顔」に選ばれる

世界の自動車業界に多大な貢献をした人物に贈られる「2021ワールド・カー・パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、トヨタ自動車の豊田章男社長が8日、受賞しました。

日本人が業界の「顔」に選ばれたのは、18年の賞創設以来、初めてとのことです。

受賞理由として、新型コロナウイルス禍でも黒字決算を維持し、世界中の雇用を守ったことが挙げられていました。

RAPT理論では、トヨタは天皇家と非常に近い親戚であり、ロゴマークからも創価学会と関係の深い企業であることが暴かれています。

○トヨタと天皇と安倍晋三はとても近い親戚です。現在も日本経済を支配しているのは、大室寅之祐に与した「田布施一族」です。

○「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

コロナパンデミックは創価学会が仕掛けた嘘の茶番劇であることが明らかになっていますが、そのコロナ禍の中で業績を伸ばすことができたのも、彼らがあらかじめコロナ禍が起きることを知っており、当初から対策を講じていたからに違いありません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

トヨタは完全にクロです。

豊田市が富士の樹海での自殺者よりも多く自殺者を出していることからも、労働者を奴隷のようにこき使うブラック企業であることが明らかになっています。

トヨタの下請け企業に対する横暴さも有名な話です。

○豊田市は「富士の樹海」を抜いて自殺者ナンバーワン。トヨタこそ日本一のブラック企業です。

また、トヨタは消費税を一円も支払っていませんし、にもかかわらず、消費税還付金を国からジャブジャブもらっていますので、黒字になって当然です。

しかし、例えイルミナティの世界で大きく評価されたとしても、トヨタがどのような方法で栄えてきたのかを知れば、庶民の心は離れてゆくばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)