RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池袋暴走事故】創価信者の飯塚幸三、控訴せず禁錮5年が確定 パーキンソン病を理由に刑の執行停止も視野に

2019年に東京池袋で、旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三が車を暴走させ、母子2人を殺害した事件について、禁錮5年の実刑とした東京地裁判決が17日、確定しました。

○【天皇家の血筋かつ創価信者】“超”上級国民の飯塚幸三に禁錮5年の実刑判決

判決後、飯塚幸三が控訴するかどうか注目されていましたが、弁護側、検察側ともに期限までに控訴しなかったとのことです。

しかし、まだ刑務所に収容されるかどうかは定かでなく、「著しく健康を害するときや生命を保てない恐れがあるとき」や「70歳以上」の場合、刑の執行を停止できると刑事訴訟法で規定されているため、今後、年齢や体調などを考慮した上で決定するとのことです。

このように刑は確定したものの、飯塚幸三の健康状態によっては、刑の執行停止の恐れもあるということです。

しかし、最新のニュースによれば、飯塚幸三は刑の執行停止を求めておらず、「刑務所で罪を償う覚悟を決めている」と、関係者に話しているそうです。

とはいえ、飯塚幸三はこれまで一切自分の非を認めず、無罪を主張しつづけてきたわけですから、健康状態を理由に刑の執行停止を見込んでいる可能性もなきにしもあらずです。

現在、飯塚幸三はパーキンソン病などの影響で車椅子での生活を余儀なくされており、病状が悪化しているためか自力で歩くことができなくなっているとのことです。

しかしパーキンソン病は、人肉を食べることで発症する「クールー病」に酷似していることから、飯塚幸三も他のイルミナティと同様、人肉を貪る悪魔崇拝儀式に参加していたのではないかとの疑いが持たれています。

○【悪魔崇拝】カニバリズムによってクールー病を発症するイルミナティ

○群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

今後、飯塚幸三がどのような末路を辿ることになるか注目されるところですが、例えどんな結果になったとしても、未来永劫、「母子を轢き殺していながら上級国民の地位を利用して罪を免れようとした極悪人である」として、国民の記憶に焼き付けられることは間違いありません。

飯塚幸三のように、上級国民の地位を利用し甘い汁を啜ってきた悪人どもが、自身が行なってきた悪事について全ての報いを受け、一人残らず滅び去ることを心から祈ります。

○【追い詰められる創価信者・飯塚幸三】検察は禁錮7年を求刑、判決は9月2日

○【創価信者かつ上級国民】飯塚幸三が未だに悪びれることもなく裁判で無罪を主張

○【天皇家の血筋】 経団連・中西宏明会長辞任へ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment