RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【悪魔崇拝】カニバリズムによってクールー病を発症するイルミナティ

イルミナティたちは、古代から悪魔を拝み、悪魔から力を得るために、人間を生贄に捧げ、カニバリズム(人肉嗜食)という悪魔崇拝儀式を行ってきました。

この日本でも、古代からカニバリズムが行われていたという史実が幾つも残されています。

そして、カニバリズムを繰り返し行うことで、クールー病と呼ばれる病が発症することが知られています。

クールー病とは、同種で共食いすることで有害なタンパク質が体内に蓄積され、体の震えなどの異常が現れ、最悪、死に至る恐ろしい病です。

実際にイルミナティたちの中には、クールー病と思われる症状を発している人たちが何人も確認されています。

秋篠宮も指先の震えが止まらず、立皇嗣の礼のリハーサルを中断したというニュースがありました。

カニバリズムは、古代から世界各地で行われてきましたが、この日本では、二代目天皇の「綏靖天皇」が人を食べていたという説話が残っています。

○二代目天皇「綏靖天皇」は朝に夕に人間を7人食べていた。古事記と日本書紀から削除された怪しげな天皇家の記録

クールー病は、人間としてやってはならないことをやってしまった悪魔崇拝者たちに対する神様の裁きです。

イルミナティの中には、「パーキンソン病」という重病に冒されている人たちが見受けられますが、クールー病と症状が似ていることから、実際にはクールー病を発症していながら、別の病名を語って誤魔化している可能性があります。

一度、クールー病にかかったイルミナティたちは、自らの余命があと僅かであることを悟り、迫り来る死の恐怖に耐えられず、ますます体を震わせながら最期の日を迎えることになるのでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)