RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【和歌山】コロナワクチン2回接種後に死亡した90歳代女性、死因を“コロナ死”と偽装される

, …

現在、コロナ患者を受け入れる医療機関などで、コロナワクチン接種後に副作用を発症した人たちが次々とコロナ感染者にすり替えられていることが判明しています。

○コロナワクチン接種率世界一のイスラエルでコロナ感染拡大 ワクチンの副作用で感染を捏造していることが立証される

和歌山県では、ワクチン接種を2回受けた90歳代の女性(基礎疾患あり)が接種後にコロナに感染し、肺炎の悪化により死亡したと発表されました。

90歳代と高齢な上、基礎疾患のある状態で、酸化グラフェンの入ったコロナワクチンを2回も接種すれば、肺炎を発症するのは当然の流れです。

酸化グラフェンは体内に入ることで、肺にも深刻なダメージを及ぼすことが分かっていますので、この女性もワクチンの副作用で死亡したことは間違いありません。

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

実際、コロナ病棟に勤務していた医療従事者も、「コロナで死亡した人は一人もおらず、基礎疾患で死亡した人をコロナ死に偽装している」と内部告発しています。

しかも彼は、ワクチンを接種した直後に、入院中の高齢者たちが次々と死亡したことも証言しています。

○「コロナで死亡した人は一人もいない」ハワイの医療従事者が、病院内でのコロナ患者捏造・コロナ死偽装の実態を内部告発!!

このように政府やマスコミは、ワクチン接種の副作用によって死亡した人たちをコロナによって死亡したと偽り、コロナ禍を捏造しているに過ぎません。

こうした国民の恐怖を煽ることを目的にした報道に、決して騙されないようくれぐれも注意しなければなりません。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment