RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ワクチンの危険性広まる ワクチンの大規模接種、キャンセル7400人

防衛省は31日、自衛隊が開設した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターにおいて、24日から30日の1週間の間に、直前のキャンセルが7401件、このうち予約当日のキャンセルが3872件に上ったと発表しました。

キャンセルをした人たちは、自治体の接種との二重予約や、体調不良などの理由を上げているとのことですが、中山泰秀副防衛相は「(キャンセルした人の)人数を算出し、さまざまな角度から分析しているが、具体的な理由について確たることは申し上げられない」と記者団に述べています。

これだけ多くの人たちがワクチン接種をキャンセルしているのは、やはりワクチンの危険性について理解した人たちが、それだけ大勢現れてきたという証左に違いありません。

ワクチンがいかに人体に有害であり、政府がそのワクチンを使って意図的に庶民を殺戮しようとしている証拠は、もう既に十分すぎるほど出揃っています。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

厚生労働省の「コロナ窓口」でも、コロナが存在しないこと、ワクチンが必要ないことを明確に回答しています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

ワクチン接種は義務ではなく、個人の意思で断ることができます。

多くの人たちがワクチンを拒否しはじめた今、例え職場などで接種を強制されることがあったとしても、自分自身の命を守るために、勇気を持ってワクチン接種を拒絶しなければなりません。

○【兵庫県】看護師がコロナワクチン接種を断り、退職を迫られる

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By RAPT理論を広げましょう

    https://u23news.hatenablog.com/entry/2021/05/27/110248

    内海新聞の記事をみてほしいです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment